個人情報保護方針      お問い合せ   
日本アートメイクアカデミー Nihon Artmake Academy
SPCPパーマネントコスメティック協会加盟
トップページ スクール案内 アートメイク講座 受講のながれ カリキュラム例 修了正の声 よくある質問 代表者紹介 アクセスマップ
代表あいさつ principal's message
アカデミーについて

代表者の紹介

認定・加盟等

柿崎写真
代表者 柿崎 暁 Aki Kakizaki

SPCP 加盟
AAM Japan 加盟
AAM ボード認定
AAM インストラクター認定
Bloodborne Pathogens 認定
Permanent Cosmetic Professionals 認定
Bio-touch カリフォルニアライセンス取得
(社)中国美容専業促進協会認定
CCPC コスメティックピグメンティションクリニック認定

代表からのごあいさつ

「アートメイク」に求められること。それは、医学的知識や技術だけではなく、カウンセリング能力、メイクアップ技術、色彩学的知識、そして美しいアートメイクの技術力です。

約20年前アートメイクは第二次ブームをむかえるとともに、デザインのクレームやアイラインの腫れなどの問題が増え、厚生労働省によりアートメイクは医業との見解が示されました。

アートメイクの技術には医療的側面美容的側面が混在しています。メイクアップでありながら、医学的見地に基づく衛生管理を怠れば、健康被害を引き起こす危険があるからです。

一方で、施術を受けられる方にとって、アートメイクはトラブルを起こさないのは当たり前。求められるのは自分至上最高の素顔です。ただ単に皮膚に色が入れば良いという訳ではなく、デザインに満足されないアートメイクは失敗。プロとして一人たりとも絶対に失敗を起こしてはなりません

厳しいようですが、アートメイクの目的は色を入れることではなく、美しくすることです。メイク次第でその方の印象は良くも悪くも大きく変わるため、アートメイクには人生をも変える力があります。

アートメイクによって、一人でも多くの方が幸せに、そして人生がより豊かになることを目指し、失敗のない美しいアートメイクを習得して頂けるよう、これからも日本におけるアートメイク水準の向上に取り組んでまいります。

 
ページのトップへ
Copyright (C) 2005 Nihon Artmake Academy. All rights reserved.