メインイメージ

アートメイク眉・アイライン等最新アートメイク技術が学べる専門校|日本アートメイクアカデミー

アートメイク専門校|日本アートメイクアカデミー

2001年に開校し2,500名以上の指導実績。アートメイクの専門校

初めて学ばれる方

アートメイクを初めて習得される方や、技術に自信のない方対象

初学者コース

既に技術習得済みの方

既に技術を習得された方対象のリフレッシュ講座

経験者コース

スキルアップを目指す方

リップ技術やSMP技術等の講座

スキルアップ講座

当校ではAbout

高水準のアートメイク技術が学べるアートメイクの専門校

アートメイクの施術には、メディカル領域とビューティー領域それぞれの知識と技術が求められます。

メディカル領域ではトラブルを防ぐ衛生や安全に施術を実施するための知識を座学にて学び、 ビューティ領域では眉デザインや皮膚への芸術性・完成度の高い描画技術を習得していただきます。

これらは通常熟練を要し、何年もかけて多くの経験を積み上げて上達していくものですが、 当校では最短で高度な技術を習得していただけるよう、 段階的なトレーニング方法を実施することで、約3か月で身に着けて頂けるカリキュラム設定をしております。

アートメイク専門職"フリーランス"の確立を目指して

当校では受講生を対象に、 提携クリニックにてフリーランスのアートメイク専門看護師として ご活躍頂ける環境を整えております。

就職してアートメイクを施術するのとは違い、 アートメイクのみの業務に専念することで技術向上の近道となります。 またアートメイク関連業務以外の時間を拘束されることはなく、 お仕事の時間を自由に設定でき、プライベートを充実するこができます。

結婚や出産、子育てなど女性には様々なライフイベントがありますが、 確かな技術を身につける事でそれらを妥協することなく、自分らしい生活を両立できるのではと考えております。

受講対象となる方

日本国内でアートメイクを業として行う場合は、医師又は看護師、准看護師の免許が必要となります。 (業として行う=不特定多数に対し反復継続的に行うこと)

免許をお持ちでない方でも座学の受講は可能ですが、モニター実習で自分以外の対象にアートメイクを行うことは法律上不可となります。モニター実習は免許の取得以降の実施となりますのでご了承ください。

日本国外でアートメイクを業として行う場合は該当国の法律や規制等をご確認ください。(当校での調査は行っておりません)

講座についてfeature

コース概要

アートメイク講座受講後について

アートメイク講座には、単科で学ぶコースと総合的に学ぶコースがあり、 すべてのコースに実習に使用する必要物品がそろっておりますので、修了まで追加料金なくご受講いただけます。 単科にて項目ごとに習得いただくことも可能ですが、同時にお申込みされますと受講期間が短縮される分受講料が割安となります。 アートメイクの施術経験者の優遇措置として、モニター実習において一定基準の評価を満たした場合は、残りのモニター実習を免除することも可能です。

グラデーションとマイクロブレーディング

アートメイク講座受講後について

眉アートメイクには、パウダーで描いたような柔らかい仕上がりと、 眉毛1本1本を約0.2mmの細い線で描くマイクロブレーディングの技術があります。 どちらかのみを専門的に習得することもできますが、 あらゆる要望にお応えできるよう両方を習得されるかたが増えています。 短期間で上達できるのはグラデーション技術となります。

座学/演習について

アートメイク講座受講後について

座学や一部の演習は、オンラインセミナーでもご受講いただけますので、遠方の方でもご受講しやすい環境を整えております。 少人数制の対面授業も行っておりますので、ご希望をご連絡ください。

アートメイク実習について

アートメイク講座受講後について

全てのコースにモニター実習が4回(総合コースは5回)含まれています。 実習に必要な専門商材も当校にて準備させていただきます。 モニター実習は医師の管理のもと、当校指定の実習場所にて少人数で実習を行います。 医師の方やクリニックにお勤めの方は出張実習も可能ですので、詳しくはご相談ください。(出張費・個別指導費別途)

受講後について

アートメイク講座受講後について

受講後は当校提携のクリニックにて、アートメイク専門のフリーランスとしてご活躍いただくことも可能です。 受講料以外の設備投資等の出費はなく、修了後後数カ月で受講料以上の収入を得ることも夢ではありません。

講師紹介Profile

日本アートメイクアカデミー代表

Kakizaki Aki 「アートメイク」には施行テクニックだけではなく、メイクアップ技術、 カウンセリング能力、色彩学的知識、衛生学的知識など、 根拠に基づいた幅広い知識と技術が求められます。

またアートメイクは奥が深く、 センスと技術を磨き技術向上を図るには、 アートメイクに注力する専門職としての確立が必要だと考えております。 当校ではこれからアートメイクを習得し、 アートメイクを専門職として日本のアートメイク業界の未来を支える方々を 全面的に応援致します。

アートメイクによって、一人でも多くの方が幸せに、人生がより豊かになることを目指し、 そして喜びの連鎖を生むきっかけとなれる事を、心より願っております。

代表 柿崎 暁

施術例

経歴等

加盟/認定 美容&看護のWライセンス
SPCP 加盟
AAM Japan 加盟
AAM ボード認定
AAM インストラクター認定
Bloodborne Pathogens 認定
Permanent Cosmetic Professionals 認定
(社)中国美容専業促進協会認定
CCPC コスメティックピグメンティションクCL認定
略歴
1997年04月
トータルエステサロン就職
(美顔・痩身・WAX脱毛・電気脱毛・補正下着・ネイル・メイク・まつ毛等に従事)
2001年06月
日本アートメイクアカデミー、眉毛とまつ毛の専門店、美容商材の通信販売を開業
活動等
2018年09月
医療アートメイクにおける眉デザイン講義@大阪
2018年08月
JMTA主催眉デザイン学講義@東京
2018年06月
第1会JMTA学術集会にて講演@東京
2017年08月
Worldwide PMU Festival日本代表団選任&講演@中国広州
2017年04月
広州アートメイク国際調査団来日講演
2016年05月
第3回世界美容際@釜山 日本代表団会長就任
2015年05月
第2回世界美容際@釜山 日本代表団会長就任
2013年10月
日本×韓国アートメイク勉強会2013開催
2013年02月
朝日放送“スーパーニュースアンカー”出演
2013年01月
毎日放送“Voice”出演
2012年10月
韓国Beauty Design EXPO 2012出席
2012年10月
第9回国際まつげデザインアートコンテスト韓国審査員
2012年02月
厚労省“衛生問題検討会”出席
2012年06月
美容健康EXPOラスベガス出展
2012年05月
第20回ソウル国際美容&健康オリンピック審査員
2012年04月
フジテレビ“スーパーニュースアンカー”出演
2012年02月
厚労省“衛生問題検討会”出席
2011年12月
アートメイク勉強会2011開催
2011年03月
SPCP 2011年サンディエゴコンベンション出席
2010年12月
韓国IEDA&NEAの姉妹血縁協定調印式開催
2010年12月
韓国まつげエクステシンポジウム登壇
2010年12月
第18回ソウル国際美容&健康オリンピック審査員
2010年08月
アートメイク勉強会2010開催
2010年06月
国際ビューティアートコンペティション韓国視察
2010年05月
“盛りまつげVenus”まつげエクステ取材
2010年03月
SPCP2010ラスベガスコンベンション参加
2009年10月
AAMアートメイクイベント2009参加
2009年10月
AAM 2009年度試験開催
2009年10月
卒業生交流会開催
2009年10月
アートメイク勉強会2009開催
2009年10月
AAM 試験対策講座開催
2009年08月
AAM総会 出席
2009年03月
SPCP2008ラスベガスコンベンション参加
2008年12月
Bio-touch Japan10周年記念パーティ出席
2008年11月
AAMアートメイクイベント2008出席
2008年09月
アートメイク勉強会2008開催
2008年05月
卒業生交流会開催
2008年05月
AAM 2008年度試験開催
2008年05月
アートメイク技術者親睦会開催@東京
2008年03月
SPCP2008ヒューストンコンベンション参加
2007年11月
AAMアートメイク技術者交流会出席
2007年11月
AAMアートメイクイベント出席
2007年05月
AAM2007年度試験開催@東京ビックサイト
2007年04月
日本アートメイクアカデミー名古屋校開校
2007年03月
SPCP2007年ラスベガスコンベンション参加
2006年12月
SPCP/JPM協会合同総会に出席
2006年11月
AAM 研修会に参加
2006年09月
AAM総会 出席
2006年05月
AAM 2006年度試験開催@東京ビックサイト
2006年03月
SPCP 2006年サバンナコンベンション出席
2005年12月
SPCP認定 CPCPアートメイク認定
2005年12月
2005年度 米国OSHA血液媒介病原菌基準法 資格認定
2005年11月
AAM 研修会にてアートメイクデモンストレーション実施
2005年05月
AAM 試験開催@東京幕張
2005年05月
Beauty World Japan 2005 出展
2005年04月
AAM 試験開催@大阪
2005年03月
日本アートメイクアカデミーAAM認定校申請
2005年03月
SPCP 2005年サンディエゴコンベンション出席
2004年08月
AAM 2004年オーランドエキスポ出席
2004年07月
AAM BOAD認定・インストラクター資格取得
2004年06月
KPA 第1回韓国アートメイクコンテスト審査員
2004年06月
AAM米国マイクロピグメンテーション協会加盟
2004年03月
SPCP 2004年ラスベガスコンベンション参加
2003年10月
Mei-Cha林会長、林社長来日&対談会
2003年02月
SPCP米国アートメイクプロフェッショナル協会加盟
2001年06月
日本アートメイクアカデミー開校

お申し込みの流れFrow

1. 日程調整
対面授業の場合もオンライン授業の場合も、受講日程は完全予約制となっており、日程が近づきますと予約がおさえにくくなります。お申し込み前でも1カ月分のご予定を抑えて頂く事ができますので、まずはLINEにてご希望の日程をご連絡くださいませ。
アートメイクの施術間隔は3~4週間以上あける必要がありますが、それ以外の日程は週に1~2回のペースでご検討ください。

2. お申し込み
日程調整ができましたら、1週間以内(もしくは受講開始の10日前まで)に入学申込ページよりお申し込みください。

3. 受講料の納入
受講申し込みが完了しましたら、当校の銀行口座を自動返信メールで送らせていただきますので、お申し込みから1週間以内(もしくは受講開始の10日前まで)にお振込みにて受講料をお支払いください。振込手数料はご負担くださいませ。

4. 受講開始
ご受講に必要な物品は当校にてご用意させていただきますが、筆記用具(マーカーや消しゴム、定規など)や必要に応じてノートなどをご用意ください。また練習用の色素が付着することもありますので、黒色など汚れても良い服装でマスク装着の上お越しください。

よくある質問Q&A

受講回数が多いのはなぜですか?
アートメイクは奥が深く、特に眉デザインに関しては100人いれば100通りの正解があるため、受講回数はこちらのスケジュールが最短と考えております。「受講したのに施術ができない」という事のないよう、到達目標を高く定めたカリキュラムを設定しております。
フリーランスについて詳しく教えてください
フリーランスとはアートメイク専任スタッフとして当校の提携クリニックに出向きお仕事をしていただく制度で、 施術料に対して一定の割合(クリニック毎に条件は異なります)を収入として得て頂きます。 その場合、必要消耗品は当校にてご用意いたしますので、大きな出費なくお仕事を始めて頂く事ができます。
モニターは自分で用意しないとダメですか?
最初はとても緊張される方が多いので、お身内の方などにモニターになって頂く事をお勧めしております。 どうしてもご用意が難しい方は、手配料1万円(税別)にてお手配させていただくことも可能です。